FC2ブログ
 スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年10月26日 [19:54] AV女優になる前のお話 

霊感。

私には霊感がある。


小さな頃から、不思議なものが見えたりする。

見たい時に見れる体質ではないので、中途半端なのだが。



きっと、霊の存在を信じていない人も多いだろう。


実体の無いものだから、証明もできないし。




今でも忘れられない出来事がある。



私がまだ、彼と同棲をしていた時だった。

私が住んでいたマンションは、1Kタイプだった。


玄関のドアを開けると、短い廊下を挟んで右側にキッチン、
左側にバスルームとトイレ。
廊下突き当たりのドアを開けると、洋室の7畳。

そんな間取りだ。



ある日の夜、
私は、音楽活動で出かけている彼を待ちながら、
ベッドの枕元に携帯を置いて、一人布団に入りテレビを観ていた。


すると、突然耳鳴りがし、金縛りにかかった。




うわ・・・金縛りだぁ・・・。








金縛りと戦って、どれくらいの時間が経った時だろう。



玄関の方に、何か人の気配を感じた。





あ、彼が帰ってきた.。゚+.(T∀T)゚+.゚ヨカッタ




そう思った。




・・・でも・・・



私は玄関のドアチェーンは必ず掛ける。




彼が入ってくることは不可能。



最悪ヤん(TдT)




泥棒だ!!!』



と思った。




金縛りに掛かってから、かなりの時間が経ってたからかも知れない。






・・・今この状況で泥棒が入っても、
私は騒ぐことも隠れることもできない。

なんでこんなときに来るかねぇ・・・(;´Д`)




・・・・これは寝たフリをするしかないな。




そんな訳で、私は目を瞑った。




すると、部屋と廊下を仕切るドアが


『ガチャッ・・・』


と開いた。




うわー、来たよー、こわいよー、取るもんないよー(つД`)







ソイツは、私のベッドの足元に座った。

重みでベッドがきしんだ。


足元の方にあった私のバッグを物色している。







だから取るほどの金は入っとらんよー。・゚・(ノД`)・゚・。






私の手帳のチェックをしている音がした。


んなもんロクなこと書いてないから、読まんでくれ。




しばらくすると、ココには金が無いとやっと気づいたのか、

私の枕元に移動してきた。





枕元の携帯を開く音がした。





警察に電話できないようにしてるんだ。

ガクガクブルブル(((;゚Д゚)))ブルブルガクガク



操作が終わったのか、ソイツは私の枕元に携帯を戻した。


次は何だ!?







ソイツは、私の腰の辺りに座った・・・。




布団の中に手が入ってきて、私の体をまさぐる。



パニックに陥った。




顔のまん前に気配を感じた。





コイツキスする気だ!!!!!!!!!!





ヤバイと思ったその瞬間、私は目を開けた。





すると、目の前に顔があった。

50代の男性の顔。



Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ




思う間もなくキスをされた。



金縛りが解けず、声が出ないので、

私は心の中で


『勝手にキスしてんじゃねぇヽ(`Д´)ノ頼むからもう出てけ!』



と叫んだ。






すると、その男性は

悲しそうな顔をして、私の顔を見つめたまま消えた。








それからすぐに金縛りが解けた。





何?今のなんだったの??






今のって泥棒じゃなかったの???







・・・幽霊。




Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ




・・・でも、あのオヤジ・・・



どこかで見た記憶が・・・・








思い出した。






私は学生時代に、レジ店員のバイトをしていたことがあった。




オヤジはそのときのお客さん。




私がバイトの時は、毎回買い物に来て、
バイトが終わるまで自動ドアの外で、私を見ながら待っていた。


バイトが終わると、毎回家まで付いてこられたりもした。

私はこのオヤジに付きまとわれていた。





そのときに付き合っていた彼氏に迎えに来てもらい、
店長にも
『この子には付き合っている彼氏もいるし、他のお客様にも迷惑がかかるので、もううちの店には来ないで下さい』
と言ってもらった。

オヤジは
『それはこの子の希望ですか?私は彼女のことが真剣に好きなんです。』
と言った。


当時私は高校生。
まさか50代の男性に、真剣に告られるとは思わなかった。


『迷惑ですか?』と聞かれた。



正直かなり迷惑だったし、何よりも怖かったので、



『迷惑です。お客さんだから、嫌な顔できないの、分かりませんか?
もう付きまとわないで下さい。』


と言った。




その一言に、オヤジはとても悲しそうな顔をした。





金縛りの中で
『出てけ』と叫んだ私に見せた顔は、
紛れも無くあのときの顔だった。



一ヵ月後に知ったのだが、
あの男性は、お亡くなりになったそうだ。




人は、死ぬ前に大切な人に会いに行く、と聞くが、
あの男性にとって、私は大切な人だったんだろうか。
ひどいことを言ったのに、その後もずっと私を思っていたのだろうか。


私はずっと忘れてた。


最後に会いに来てくれたのに、私はまたひどいことを言って、
あの男性を跳ね除けた。





ごめんなさい。










スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Re Comments.

『承認待ちコメント』 
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/02/12(Sun) 06:02:58 | | さん #[ Edit.]
『muu殿、tomorrow 殿』 
muu殿
あ~、私も神様は信じていない性質です。でも、聖書や仏教の教えは素晴らしいと思う。宗教には詳しくありませんけど。もちろん仏様は信じてます。亡くなった今でも会いたいと思う人もいるし。
あ、ちなみにUFOとかも信じる方かもw

tomorrow殿
どちらもお知り合いだったんですね。
知っている方だと、なぜか『怖い』って感情があまり出てきませんよね。切ないっていうか・・・。
なぜ自分を選んで出てきたのか・・・それを考えると少し嬉しかったり、悲しくなったり・・・。
お兄さんは、何か伝えたいコトがあったんでしょうね。
考えると、今のお子さんはお兄さんの生まれ変わりかも知れないし。
2005/10/27(Thu) 19:33:29 | URL | 裏おんなさん #-[ Edit.]
『はじめまして』 
ふらふらと散歩していてこちらを発見!
私は霊感はないと思いますが、亡くなった方が夢に二度ほど出てきたことがあります。
一人は、幼いころ優しくしてくださった方。亡くなられた頃に、会いに来てくださったようです。
もう一人は、たぶん(仮定ですが)私の亡くなった兄。なぜ、仮定かと言うと兄は生まれて数日で亡くなったため私と面識もないし、出てきた人物は少年で仏壇の横に立っていたんです。その夢を見たのは私が息子を出産すべく産気づく直前の夜でした。

世の中、不思議なことありますよね。
2005/10/27(Thu) 09:49:59 | URL | tomorrowさん #-[ Edit.]
『』 
んー霊はいますよねー。自分には見えませんがね・・・。
ミンナの言う神様は信じてませんけど^^;
あ、金縛りなら。あれは恐い・・・。
「このまま、二度と起きれんかったら(°m°;)」とか思ったりして。
2005/10/27(Thu) 00:22:07 | URL | muuさん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。