FC2ブログ
 スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年05月15日 [20:15] AV女優になる前のお話 

オトモダチ。

昔、夜一人で歩いていたら、
後ろの方で金属質のものが落ちる音がした。

気にしないで歩き続ける。

すると、
陽気なイタリア人と思われる男が声をかけてきた。



男『ボナセーラ!オネエサン、オトシマシタヨ』



ジッポを見せてくる。

(それ、お前が落としたお前の物だろ・・・
ハンカチ落としの逆バージョンかよ・・・)

と思いながら
シカトして歩き続ける私。


それでも着いてくる男。



男『ワタシ、オナカスイテル。イッショニゴハンタベマセンカ?』



裏『結構です』


男『オウ!バンバミーア!』

裏『!?』
突然のデカイ声にちょっとビビる私。


男『デハ、ビールノミニイキマショウ!ワタシ、ピザタベル。オネエサン、ビールノム。』


裏『いや、だから結構ですってば。』

男『ナンデオコッテルンデスカ?ア、タバコ、スイマスカ?』


マルボロを差し出してくる男。



裏『いりません』


男『オコッタカオモカワイイデスネ。ワタシ、コノサキニオイシイオミセシッテル。イキマショウ』


裏『他の人と行ってくださいよ。私行きたくないし。』


男『オウ!バンバミーア!!』

裏『!?』
またまたビビる私。


男『ワタシコウイウモノデス。』

名刺を差し出してくる男。
名刺を押しつけられて受け取る私。

男『イマカラオトモダチニナル。オトモダチハイッショニゴハンタベル』


裏『はあ?』


なんだか超訳の分からないペースに混乱しながら
歩き続けていると、
いきなり男は私の腰を抱いてきた。


裏『!?ちょっと何するんすか!?』

男『トモダチ。ナカヨシ。ゴハンイキマショウ』

裏『だから行かないってば!これは失礼でしょ!?止めてください!』

男『ゴメンナサイ。マダニホンキタバカリ。』

裏『その割には日本語がお上手ですね』

男『アリガトウ』

裏『(いや、誉めたんじゃないんだけど)』

男『カワイイデスネ、イッショニゴハンタベニイキタイ』

裏『(しつけー)』

男『ゼッタイオイシイカラ。』

裏『いくらおいしくてもあなたと一緒にご飯食べる気ありませんから』

男『キョウイチニチダケデイイデスカラ、カノジョにナッテクダサイ』

裏『はあ?無理、無理無理w』

男『ワタシガコンナニオネガイシテルンデスカラ』

裏『私が、って言われても私アンタ知らないし。』

男『イッショニイッテクレナイナラオコリマスヨ!』

裏『じゃ、すぐそこにある警察に一緒に行きましょうか(´ー`)』

あと10メートルほど先にあった交番を指差しました。
男は私に渡した自分の名刺を奪い取り、

『チャオ!』

と言い残し、走って逃げていきました。



中野駅から中野サンモールを通り
早稲田通りの交番付近まで着いてこられたら
さすがにビビります。

イタリア人だったのかはいまだ分かりませんが、
イタリア人のナンパは強引だって言いますし。
怖いナンパだったなあ。


あの通りでナンパされて
一番不意を付かれたのが
私を追い越して
『腹減ったなあ~』
と言い、突然後ろを向いて
『吉牛食べに行きませんか?』
だった。
カラオケや居酒屋ではないところに
下心が感じず、笑えたので
吉牛ではなかったけど、ファミレスに行った。
それからお友達になって
何度か遊んだりもした。
良いお友達で終わりました。



怖かったのはね、
朝起きたらドアのトコに手紙が刺さってたことがあった。


ドアを開けると
ひらひらと手紙が落ちたので



なんだろうと思って
見てみると


封筒には
『○○○号室のおねえさんへ』
と書いてある。

封を切り、開けて見ると



『きれいなおねえさんへ。
突然のお手紙ごめんなさい。
何度か街であなたのことを見かけ
きれいな人だなと思っていました。
この間偶然あなたがこの家から出てくるのを見かけ、
それからあなたの家の前を通るのが嬉しくて仕方ありません。
僕はあなたのことを好きになってしまいました。
もっとあなたのことが知りたいです。
僕と友達になってください。
もし良かったら、今度ご飯でも食べに行きませんか?
もちろん僕がおごります!
連絡待ってます』

と、鉛筆で書かれていました。





その瞬間鳥肌ですよ。


もう、全身ブワッと。


これは恐怖ですよ。



知らない男が、私を
私の知らないところから見てるんですから。


しかも、告られたその時でも
相手は私のことを知っていても
私は相手のことを何一つ知らない。
顔さえ知らない。


『きれいなおねえさんへ』
がまた不気味で怖い。


ポストに入れずにドアに挟むってのがまた怖い。
知らない男が玄関前まで来たってことですから。



当時付き合っていた彼は

『おもしろそうじゃんw俺、お前らのことつけるから、
飯おごってもらいに行ってきてみれば?w』

と言いましたが
私は

『危ないよこんなの。何があるかわかんない。
近寄り方に危険な匂いを感じる!』


と言って、その人に連絡することはありませんでした。



それからすぐ!一週間後にですよ!


好意を持っていると言い、女性をおびき寄せ、
その女性が殺されたという報道がありました。


この事件は単なる偶然で、
手紙をくれた人は、
そういう気持ちは全くなかったのかも知れませんが
もう恐怖でした。



行かなくて良かった。



行けと言った当時の彼氏が信じられんわ。




















スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

Re Comments.

『承認待ちコメント』 
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/05/19(Mon) 15:21:28 | | さん #[ Edit.]
『承認待ちコメント』 
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/02/12(Sun) 06:11:23 | | さん #[ Edit.]
『こばん3939殿』 
俺、アイツの母ちゃんじゃねえよ・・・orz
2008/04/25(Fri) 06:12:23 | URL | 裏さん #-[ Edit.]
『文脈からすると』 
バンバミーア=マンマミーアで、「なんてこった」って意味ですな。

直訳すると「俺の母ちゃん」だそうです。
2008/04/01(Tue) 19:06:13 | URL | こばん3939さん #-[ Edit.]
『sato殿』 
ナイスフォローwwwwww
2007/11/21(Wed) 02:12:11 | URL | 裏さん #-[ Edit.]
『』 
心身共にオトナの女になったからだと思います。
2007/11/12(Mon) 12:04:32 | URL | satoさん #-[ Edit.]
『sato殿』 
私もナンパは嫌いですw
最近は、オッサンに声掛けられることが増えました。
年とったからか?w
2007/11/11(Sun) 03:07:23 | URL | 裏さん #-[ Edit.]
『』 
あはは!私、ナンパするのは苦手です。みんな手を変え品を変え、色々やりますね。男にとって女性を口説く手段は、オナニーと同義かもしれませんね(笑)
2007/10/26(Fri) 20:53:50 | URL | satoさん #-[ Edit.]
『』 
桐殿
職場を尾行で突き止め・・・って、怖いなあ~w
部屋番号書かれてたのと、鉛筆って言うところが、手紙読んだ時めちゃめちゃ不気味でしたね。
いや、しかし尾行で突き止めって・・・やっぱ怖いなあw



D・A(謎殿
どうでもいいんですが、『バンバミーア』ってなんですか???w
それにしても切なく儚い過去をお持ちですなw
店員さんを目にしたときのがっかり具合が目に浮かびますw
2006/05/28(Sun) 01:35:49 | URL | 裏おんなさん #-[ Edit.]
『』 
あ,そういえば私も都内の駅で「これ読んでください」と手紙もらったことがあります。若い女性から(・∀・)
で,中を開けたら・・・「動物虐待になる毛皮製品を買わないで」というチラシが入っていましたヽ(。_゚)ノヘッ?
よく見たら,私が当時使っていた肩掛けカバンには,ミンクの端切れで作った「しっぽ」のアクセサリが。
はかない夢でしたよ・゚・(ノД`)・゚・

ところで聞いた話ですが,イタリアなど日本人が「陽気なお国柄」と思っている国の男性は,「日本人女性はイージー(尻軽)」と思っている節があるんだとか。ご当地で売っている成人向け雑誌等で,そういうイメージができあがっているんだそうですよ(イタリア人女性がそう言ってました)。
2006/05/21(Sun) 17:38:06 | URL | さん #0ZQXbZEg[ Edit.]
『』 
チョイ悪オヤジ(なんか恥ずかしいフレーズ)のジローラモが言っていました。
「イタリアノオトコハ、ビジンニハコエヲカケナイハ、シツレイトオモッテマス」と。

裏女さんは選ばれた民ですおめでとうございますw
(迫られる方は怖かったでしょうが)

勇気が無くて自分はナンパなんか出来ないタイプでしたが、昔勇気を出してテレクラ(何故にそっち方面なのか)には行った事があります。
待ち合わせに来た女性は、180㎝を超え体重は100㎏をゆうに超えた愛らしい女性が来ていました。

喫茶店でお茶を飲みました。
自分好みの可愛い店員さんが注文を取りに着ました。
「あたし彼氏いるからホテルとかは無理かなぁ」とか何も言っていないのに愛らしい女性は牽制してきました。
服に醤油のシミが何箇所か付いていました。
愛らしい女性と直ぐに別れた後、帰宅し少し泣きました。
それ以来テレクラには行かなくなりました。
2006/05/17(Wed) 21:21:06 | URL | D・A(謎さん #B7q/.fmY[ Edit.]
『』 
ここ最近のインターネットや一昔前のテレクラ(伝言ダイヤルも含む)が普及する前には,突然の手紙や路上での告白なんて少しはあったもんですが,今どきはないですね。
職場の上司が,都内の路上で一目惚れした相手の女性の職場を尾行してつきとめ,後日に受付で呼び出してもらって喫茶店に行き「単刀直入に言います。付き合ってください。」と告白した人なんですが,相手の女性は目を白黒させていたそうです。
まぁ,今は仲のよい夫婦ですがね(^_^)
今やったら間違いなくツーホーでしょうw もしかしたら,その手紙を挟んだ人はとってもいい人だったりして?
ほんでも,鉛筆で「きれいなおねいさんへ」は微妙なところですが。
気軽に携帯電話の番号やメルアドを交換できる今どきは,だいぶ告白するハードルが低くなりましたよね~。
2006/05/15(Mon) 21:00:02 | URL | さん #0ZQXbZEg[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    01 | 2017/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。